ホーム > カヌー・シーカヤックで準備するものと服装

カヌー・シーカヤックで準備するもの

カヌー・シーカヤックのツアーに参加するときに必要な物とは?

カヌー・シーカヤックで準備するもの

体験カヤックやスクールで必要なものをリストアップ
主に、ご自身で用意するものは身に着けるものになります。
また、SHOPでレンタルとして用意している場合もあります。

準備するもの

  • 水着
  • 着替え
  • タオル
  • 帽子(特に夏場日差しよけ)
  • サンダル(着替え時に便利)
  • ツーリング中の各自必要な飲み物

身の回りの小物を落とさないようにする為に、メガネや貴重品入れ、防水バック入れなどは落水して無くしてしまう事を防ぐ為にもストラップなどを付けて落とさない様にしましょう。

服装

カヌーの乗り降りや波に濡れる事が多い為、綿素材などの服装は避けてください
綿製品(トレーナーやジーンズ)は濡れた時に重くなり、動きが制限されてしまいます。また、体温を奪っていく為に夏場でも冬場でも危険です。
オススメは化繊でできた素材です。保温効果があり、速乾性のある製品がベストです。
アウトドアメーカーの製品が色々と種類がありオススメです。

夏場の参加

夏は日差しが強く長袖を着ていても日焼けしてしまいます。
強い紫外線は日焼けではなく、火傷に近い場合がありますので危険です。
また、日焼けは体力を奪っていく為、極力日焼けはしないように対策しましょう。
他にも、夏場でも水に濡れたまま風を受け続けると体温を奪われてしまいます。
雨具や防水ジャケット、ウィンドブレーカーを用意すると良いでしょう。

  • 長袖のシャツ…綿製品ではなく化繊製品が最適です。
  • 長ズボン…こちらもシャツに同じく、綿製品ではなく化繊製品が最適です。

冬場の参加

また、冬の海は風が強く体温を奪われやすくなります。カヤックではどうしても水に濡れてしまうので濡れてしまってもすぐ乾燥する素材を着用するようにしましょう。
インナーウェアを着用すると保温性が格段とあがるのでおすすめです。

  • 防水ジャケット…防寒・防水の機能があり、通気性が良いもの。
  • インナーウェア…登山用などの乾燥性に優れ、保温性があるもの。
  • 長袖のシャツ…綿製品ではなく化繊製品が最適です。
  • 長ズボン…こちらもシャツに同じく、綿製品ではなく化繊製品が最適です。

水着

カヌー・シーカヤックで準備するもの 水着

女性の場合はセパレートタイプがトイレの場合などに便利です。

カヌー・シーカヤック

サンゴや貝殻などで足の怪我を防ぐ為に必要になりますので、ビーチサンダルやスポーツサンダルの使用は控えましょう。
ベストなのはマリンシューズやウェットシューズです。
普段使っているスニーカーなどでもOKです。
※体験ツアー参加の場合はSHOPのレンタルシューズを提供しているお店もあります。

カヌー・シーカヤック

防水バッグ

カヌー・シーカヤックで準備するもの 防水バッグ

貴重品や電子機器など濡れては困るものを収納します。
キッチン用品で使われる保存用バッグ(ジッパー付き)も有効ですが、完全防水では無いので、完全防水できる物をおすすめします。

カヌー・シーカヤック

帽子

カヌー・シーカヤックで準備するもの 帽子

海での紫外線は非常に強いですので、帽子は準備しましょう。
直射日光もですが、海面からの日光の照り返しも強いので想像以上に日焼けをしてしまいます。

カヌー・シーカヤック

サングラス

カヌー・シーカヤックで準備するもの サングラス

海上では海面の日光の照り返しで逆光の場合などは視界が悪くなる事があります。
また、紫外線は目にも悪影響を及ぼす為、準備しておきましょう。
偏光サングラスなどは海面のギラツキやにじみを抑える為、目の負担を押さえる事ができます。また、普通のサングラスや裸眼では、海面が光の反射でギラツキ水中が見えませんが、偏光サングラスの場合は見ることができます。

カヌー・シーカヤック

着替え

カヤックでは確実に濡れるスポーツです。
カヤック終了後の着替え(靴まで含む)を準備しましょう。

カヌー・シーカヤック

日焼け止め

海上はとても日焼けをしやすく、対策をとっていない場合、状況によっては火傷にまで悪化する場合があります。こまめに塗るようにしましょう。

カヌー・シーカヤック

飲料水

カヌー・シーカヤックで準備するもの 飲料水

脱水症状などを防ぐ為にも、カヤック中の水分補給の飲料水は携帯しておきましょう。

カヌー・シーカヤック

 
カヌー・シーカヤック