ホーム > カヌー・シーカヤックってなに?

カヌー・シーカヤックについて

カヌー・シーカヤックの歴史や種類について

カヌー・シーカヤックについて

カヤック・カヌーの歴史は古く、6000年前からあると言われており古代ローマや古代エジプトの遺跡からも彫刻が見つかっているそうです。
主な使用目的は狩猟や移動、輸送、魚釣りや戦争などに使用されていたようです。

昔ながらのカヌーで有名なのがカナディアンカヌーです。
太い丸太をくり抜いて作った船でカナダの原住民たちが作っていたのでそう呼ばれているそうです。

他にも、カヤックで有名なのが、アラスカの原住民のイヌイットという海洋民族が使用しているカヤックです。
彼らは海洋での狩猟を生業としており、船は無くてはならないものです。
ですが、カナダのように船の材料になる木が少ない為、木の使用を抑える為に船の枠(フレーム)を木や骨で作り、それをアザラシの皮を張り合わせて船を作っていたようです。
現在でもイヌイットのカヤックの船の特性や操作する人のテクニックは今でも受け継がれています。
イヌイットの住むアラスカは極寒の地域にあり、船は狩猟の移動や運搬の手段として使っていた為、『防寒対策』『機動力』が重要になります。そのため、船に水や風が入る事を防ぐ為に、座る場所以外は船をアザラシの皮などで覆い船に下半身をもぐりこませる設計になっています。機動力があげる為に船を小型化、風や波に影響を受けにくくしていきました。また、転覆した場合に船から脱出してしまうと極低温の水に体をさらしてしまう為、命の危険が増します。その対策として、転覆してもすぐに起き上がるテクニック「エスキモーロール」が生まれたそうです。

現代のカヤックではレジャーやスポーツとして使われ、元々の用途であった狩猟や交通手段とては使われなくなってしまいました。

カヌーとカヤックの違い

カヌーとカヤックとありますが、日本ではどちらも「カヌー」と呼ばれることが多いのですが、ではカヌーとカヤックとの違いは何でしょうか?
それは以下のような構造上の違いで呼ばれ方が違うということです。

カヤック

カヤック

1.船体の大部分が閉じていて、コックピットの部分だけが開いています。

2.コックピットの部分に下半身をすっぽり収め、カヤックと人間が一体化したような感覚になる。

3.グリーンランドやアラスカ、シベリアといったような厳しい環境下に生きた民族が狩猟用に使った革張りカヤックがそのルーツです。

4.川用をリバーカヤック、海用をシーカヤックと言います。

5.シーカヤックではデッキの前後にハッチ付きの荷物入れがあり、テントや食料、キャンプ用品一式が入るスペースがあり、海岸線を旅する事も出来ます。

カヌー・シーカヤック

カヌー

カヌー

1.船体は丸木をくりぬいた様に船体が開いている

2.インディアンを起源とする「インディアンカヌー」や「カナディアンカヌー」などがある。

3.流れのゆったりとした川や湖でのツーリングや釣りなどに向いている。

4.ポリネシアやミクロネシアでは外洋航海用として巨大なカヌーも作られていました。

5.歴史が古く、日本でも「枯野」という船が存在しますが、それはカヌーだったと言われています。

カヌー・シーカヤック

日本ではどちらのタイプも一緒に「カヌー」と呼ばれることが多いです。厳密にいうと上記のように区別されるわけですが、別にそうこだわらなくてもOKです。

シーカヤックの種類

シーカヤックといっても色々な種類があり、用途や構造、目的に適した艇を選びます。
種類によって大きく構造や材質などが違いますので自分に合った艇を選びましょう。

シーカヤック

シーカヤック

カヌー・シーカヤック 海/湖

海をフィールドとして設計された、自由に海を渡るカヤック
多くの荷物を積載でき、ツーリングやキャンプなどに使用することが出来ます。

海で使用される為に、直進性を高め、スピードがのりやすい設計になっており、波にも強く、上達すればフィールドを問わずに行動する事が出来ます。
主に、ポリエチレン製とFRP製の艇があるが、ポリエチレン製は安価で耐久性もあるが、少々重い点もあります。FRP製は軽量で見た目も良く、耐久性もあるので慣れたシーカヤッカーは欲しい一品です。

カヌー・シーカヤック

■シーカヤックの用途で変わる艇の形の違い

ツーリング用
広い海では小回りが利く艇よりも直進安定性や荷物を積む為のハッチなどが必要になる為、比較的長めの5mほどの艇になり、足踏み式の舵取りが付いているものがあります。

マラソンレース用
巡航速度を上げる為に細長い船型をしています。

フォールディング・カヤック

フォールディング・カヤック(ファルトボート)

カヌー・シーカヤック 海/湖/川

折り畳み式により移動や保管で困らないのが最大の特徴。
バックパックとしてまとまり電車、バス、飛行機など様々な交通機関で運搬可能なので、ツーリング遠征にも向く。折り畳み式ではあるが、積載量も多くキャンプやツーリングでの道具を載せる事も難しくありません。
サーフィントリップやダイビングトリップという旅のスタイルは世界中で定着しているが、これからは「カヤックトリップ」の時代だ!そんなシーンに対応するのがこのタイプ。どれも品質レベル高く、本格海仕様のものもある。
使用するフィールドは海、湖、川(中流域~下流域)、などの比較的激しくないフィールドになります。
便利な折り畳み式ではあるが、木やアルミフレーム、テトロン基布などの船体布といった素材と使っている為、リジットタイプの艇に比べ強度が落ちてしまいます。

ファンカヤック

ファンカヤック

カヌー・シーカヤック 海/湖/川

カヤック初心者にオススメの入門カヤック
初心者向けに設定されたカヤックで、特徴として「漕ぐ為のテクニックは必要としない」、「安定性が良い」、「直進性もある」ので、神経を使わずに、ものんびりカヤックを楽しむ事が出来る艇です。
使用するフィールドとして、穏やかな海や湖、川(中流域~下流域)で使用します。
コクピットも広いのでフィッシングボートとしても利用できます。

インフレータブルカヤック

インフレータブルカヤック

カヌー・シーカヤック 川

コストパフォーマンスに優れ安定性が高いカヤック
空気を入れて膨らますタイプの艇です。コストパフォーマンスや耐久性、安定性に優れ保管場所や運搬方法も気にしなくて済みます。
転倒もしづらく初心者でも無理が利く事から、激しい川下りにも使用されますが、一度事故をおこすと致命傷になる場合がありますので無理はしないようにしてください。
また、艇が水面から出ている部分が大きいために風に影響を受けやすく、コントロールが難しい事から海や湖など風がある場所では適しません。

カンディアンカヌー

カンディアンカヌー

カヌー・シーカヤック 湖/緩やかな川(急流用に設計したものもある)

オープンデッキ・カヌーとかただ単にカヌーとも呼ぶ。自然にとてもよく似合う雰囲気、スタイルは都会生活者の憧れか。積載能力が大きく、両親と子供とかキャンプ道具を満載してツーリングなど複数人で利用するのに最適。反面5m前後有る長さは保管場所の制限をかなり受ける。
漕ぐにはシングルパドルを用いるが、一人でコントロールするには少々練習が必要。
急流にあわせて設定されたカヌーもあります。

シット・オン・トップ

シット・オン・トップ

カヌー・シーカヤック 海/川

マルチに楽しめるカヤック
ボード状の艇の上に座ってパドリングするタイプ。親水性高く沿岸での水遊びに向く。また何と言ってもフィッシング用としても人気上昇中。カヤックフィッシングでは誰も来れない自分だけのポイントを開拓可能。他の釣り用ボートと比べても劇的に安価、軽量で小回りも利き、これから革命的存在になりそうです。
ツーリングやキャンプなどには向きません。

リバーカヤック

リバーカヤック

カヌー・シーカヤック 川(上流から中流)

最も愛好者の多いのがこのタイプ、メーカーも多くモデルも本当に沢山あるのでチョイスするのに迷ってしまうほど。どちらかというと中流域以上の川で使いやすいように、比較的運動性能のの高いものが多いので最初は練習が必要。刻々と変化する川をツーリングする醍醐味は、一度味わったら忘れられない感動をあたえてくれます。ほとんどの艇がプラスティック製なので滅多に壊れることが無く、最近は2.5m前後の短い艇も多いのでアパートの部屋に持ち込んだり、車内に積載なんて事も可能。

ロデオボート

ロデオボート

カヌー・シーカヤック 川(上流部)

リバーボートの範疇にも入るが、リバーボートがツーリングを意識して作られているのに対して、ホール(落ち込み)やウェーブのスポットで艇を回転させたり、サーフィンをしたりという、ロデオプレイのし易さにのみ重点を置いて作られている。とくに最近のロデオボートはある特定のテクニックの完成を目指して特化された艇が多く、ボリュームも極端に小さいものもあり、初心者がいきなりロデオボートを選択するのは避けるべきです。リバーカヤックで腕を磨き、ロデオプレーヤーの華麗な姿に憧れを感じたらそのとき選んで下さい。

シーカヤックの構造

リジットタイプ

固定式のタイプで組み立て式でない為に、広めの保管場所が必要になってきます。
組み立て式と比べた耐久性に優れ、多少岩などに擦れても問題ありません。

フォールディングタイプ

組み立て式のタイプで、骨組みを組み立て、船体布を被せて使う艇です。
組み立て式の為、保管場所を取らず、海などのフィールドに移動する際にも、電車で持ち運びが出来るほどお手軽な艇ですが、耐久性はリジットタイプと比べ格段に落ちます。

分割式タイプ

リジットタイプの艇を2~3つに分割し、使用時にボルトなどを使って固定するタイプです。
リジットタイプの耐久性とフォールディングタイプの運搬性の優れた部分を取り入れたタイプですが、分割式の為にリジットタイプよりやや耐久性は劣り、重量も重くなり、またフォールディングタイプのように電車での運搬も難しいところがデメリットでもあります。

インフレータブルタイプ

エアーチューブに空気を入れるタイプですが、かなり頑丈に作られている為、激しい瀬でも使うことができます。
特徴として転倒しにくく、コストパフォーマンスに優れる為に最近、特に普及し始めましたが、通常のカヤックに比べ技術がなくてもワンランク上の瀬に行ける為に事故になった場合はカヤックに比べ、ひどくなると言われています。

材質の違い。

FRP

強化繊維プラスチックを使った素材で、軽量で耐久性も高く安価で形状も比較的作りやすい素材の為、自分に合わせたオーダーメイドをしやすいタイプです。
ツーリング用やマラソンレース用の艇に好んで使われる素材の一つです。

ポリエチレン

化学合成樹脂を使った素材で、耐久性に優れておりFRP製に比べても衝撃に対する強度は高いので激流を下るカヤックなどにも使われる程なので、多少岩に擦っても大丈夫です。
軽さはFRPに比べ劣ります。

ケブラーカーボン

炭素繊維を使った素材で、耐摩耗性、耐酸性、耐引張力に優れ、FRP素材に比べても軽量であるが、加工も大変な為、価格も高価になり、使用するユーザーは限られています。
主に、レース用の艇に使われています。

木製

自作でカヤックを作る方が木を使い作る場合が多いです。

フレーム(木・アルミ)+化学繊維船体布

主に、木材のフレーム+アザラシ(動物)の皮を使って作る「スキンカヤック」
アルミフレーム+ナイロンや綿布を使ってできた「フェルトカヤック」があります。
現在は、フェルトカヤックが大半を占め、フォールディングタイプの様に運搬性に優れた艇に使われています。

 
カヌー・シーカヤック